【トラリピ】AUD/NZDの設定と変遷

この記事では2020/10/11から30万円で運用をスタートしたトラリピのAUD/NZDの設定の詳細とその変遷を随時更新しています。

目次

設定の詳細と変遷

最新の設定状況

AUD/NZDの設定はこのようになっています。

買/売レンジ注文金額本数ロスカット利益
1.068〜1.1400.2万円12本1.3821.5
1.000〜1.0680.2万円45本0.9801.5
単位はNZドル

追加の理由

2020年1月からはCAD/JPYの1通貨ペアに絞って運用していました。1月2月はそれなりに利益が出ていましたが、3月のコロナショックで想定レンジを下抜けして以降ほとんど利益が出なくなってしました。

資金を追加してレンジを拡大したりもしましたが、それでもやはり1通貨ペアに絞っているので、そこが想定レンジから外れてしまうとなかなか実績が出ず、1通貨ペアでの運用のデメリットを痛感していました。

そんな中マネースクエアが新たにAUD/NZDの取り扱いを始めることが決まり、またその時点でCAD/JPYの相場がコロナショック相場からある程度回復し一部のCAD/JPYのトラリピを削除することができたので、それらのCAD/JPYのトラリピを削除することで浮いた資金を使ってAUD/NZDの運用を開始することにしました。

加えて、新たな通貨ペアを追加するにあたっては、クロス円以外の通貨ペアを追加したいと思っていました。なぜなら私がメインで運用しているのはCAD/JPYであり、同じクロス円の通貨ペアではチャートの動きが似通ってしまい、複数通貨運用によるリスク分散にならないからです。

AUD/NZDはクロス円の通貨ペアではない為、クロス円の通貨ペアとは全く異なるチャートの動きになることも、AUD/NZDを追加した理由の一つです。

新たに資金を入金せずに通貨ペアを増やしてトラップを追加できたので、トラリピ口座全体の資金効率向上の一助になってくれればと思っています。

これまでの変遷

【2020/10/11】30万円で運用スタート

2020/9/26にマネースクエアがAUD/NZDの取り扱い開始を発表し、その後様々な方がブログ等でAUD/NZDの設定を公開されていました。色々な方の設定を参考にさせて頂き検討した上で、最終的にはあっきんさんの設定を参考に運用を始めました。

上述の通り、今回運用資金は30万円を想定してトラリピを設定していますが、CAD/JPYのトラリピの一部を削除した分の浮いた資金を流用しているので、新たた入金はしていません

ポイントをまとめると以下の通りです。

・資金は30万円
・1.068NZドルを中心としたハーフ&ハーフの設定
・0.1万通貨で8NZドルの利益 → 1.5NZドルに変更

注意点としては、2021年4月からはAUD/NZDのマイナススワップが発生してくるので、それまでの間にどのぐらいの実績が出るかで見極める必要がありそうかなと思います。

【2020/10/23】利益金額を8NZドルから1.5NZドルに変更

マネースクエアのバックテストの結果から1.5NZドルが最適な利益額とのことでしたので、利益額を変更しました。それに伴い、1つの決済で570円程度の利益だったのが、120円程度になりました。

決済ごとの利益は小さくなりましたが、小さくコツコツ決済されるならそれはそれで良いので、ひとまずこの設定で進めていこうと思います。

【2020/11/23】注文金額を0.1万通貨→0.2万通貨に変更

トラリピの全体を見直したところ、22万円の資金が遊んでしまっていることがわかりました。更にその時の未使用の利益を追加すると合計26万円ほどの資金が未使用になっていました。

そこでその26万円を使って30万円で運用していたAUD/NZDの設定を倍の60万円の設定に変更しました。

実際には4万円不足していますが、今後の利益の前借りということで設定しました。

2020年1月からの累計利益が28万円を超えるまでは新しいトラップを追加しないよう、忘れないようここにメモを残しておきます。

まとめ

この記事では2020/10月から30万円で運用をスタートしたトラリピのAUD/NZDの設定の詳細をまとめました。

久しぶりの通貨ペア追加なのと、久しぶりの複数通貨運用なので、どのように実績が積み上がっていくか楽しみです。


この記事の内容は一部あっきんさんの限定レポートの内容を含む為、掲載にあたってはご本人の許可を頂いた上で掲載しています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる